スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の夜に


ついに明日日本に帰ります。
といっても、実際に日本につくのは4日のお昼ごろなのですが…。

7月11日の出発から8ヶ月ほど。
長かったような、短かったような。
やっぱり短いかな。
ほんとうにあっという間やった。
人生初の海外でカンボジアに降り立った時の期待と不安と...昨日のように思い出されます。

また、カンボジア生活の中でのカルチャーショックとか不運な盗難と間抜けな2度目の盗難などなど。
楽しかった思い出も、辛かった思い出もたくさんあります。

インターンとしてカンボジアにきたので、仕事上でもそれなりに辛かったこともありました。
もちろん全体的には新鮮で楽しかったし、初めての「社会人体験」って感じがしました。

そんなこんなで過ごしたカンボジア生活もついに終わりなのです。
でも僕にとっては新しい「世界」を知った、新しい生活が始まるのだなーと思います。

自分とは全く違う「世界」で生きている人たちにもたくさんあった。
カンボジア生活の中で得たもので大きなもののひとつに人との出会いが間違いなくあげられるでしょう。


日本からカンボジアにきて、「日本はこうだった、日本ならああだ」と思うことも多々ありました。
日本のほうがいい、悪いではなく、ね。

個人的には、すっかりカンボジア生活に慣れたと思っています。

だから次はカンボジアから日本へ。
たぶん、いや絶対はじめは「日本」にびっくりすることでしょう。
物価が高いとか、道がきれいとか、、、普通に日本で生活している時は「あたりまえ」やったものに新鮮さを感じることができると楽しみにしています。

今回海外に初めて行ってみて海外にいくメリットについて思うことが2つあります。

ひとつ、日本以外の文化に触れることで、世界のひろさに気づくことができる。
ふたつ、日本に戻った時に、日本の良さを改めて実感でき、逆に日本の変なところに気づくことができる。

ふたつ目にかんしてはまだ体感はしてないけど、おそらくそうだろうと期待しています。

灯台下暗し、井の中の蛙,,,
無理に日本をでる必要はないと思いますが、日本社会だけの世界に生きていたら日本の良さも悪さも含めて見落としがちになるだろうと思います。
せっかくの人生、いろんなことを知って、いろんなことをやって、楽しんだあと死にたいと思います。

相変わらず意味のわからない文章ですが、カンボジア最終夜を迎えて少し考えたことをとりとめなく書き記しておきます。

それでは、明日~明後日の飛行機が落っこちないよう祈ってもらえれば幸いです!
また日本でお会いしましょ~
スポンサーサイト
プロフィール

shur9

Author:shur9
FC2ブログへようこそ!

名言

地球の名言 -名言集-

最新記事
how many comes
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。