スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UDONNNN


プノンペンから北西に40kmほど、バイクで90分ほどいったところに「ウドン」という町があります。
昔は首都で日本人町もあったそうやけど、今はその面影もほとんどなく、田舎というかのどかな町です。

すでに気づいていると思いますが、日本の小麦の麺といえば「うどん」ですよね。
この「うどん」っていう言葉、実はカンボジアから来たのではないかという説があるようです。
興味がある人はググってみてね!
気が向いたらしっかり調べてみます 笑

そんなわけで、日帰りでバイクをレンタルしてウドンまで行ってまいりました!!




が!!!!!!!!!!!!!!1




着いてそうそうデジカメの電池がなくなるという事態に....

前のデジカメの電池の持ちが相当良かったから油断してたわ。。。

そんなわけで今回写真はありません(´・ω・`)
また時間があればリベンジしに行きます。


とりあえず前々から目をつけていたバイク屋へいくも店のまん前で結婚式...
お店も閉まってるみたいだったのでチャイムを押してみる。

やっぱりお休みみたい(´・ω・`)

せっかく早起きしてきたのに早速出鼻をくじかれました。
あきらめようかとも思ったけど、せっかくなのでいったん家に戻り別のバイク屋を探す!

無事に見つかり、いざレッツゴー!
お値段は一日5ドル+ガソリン代+パスポートデポジット
ガソリン代が何気に高いんだよな~
2リットル入れて2,5ドルほどなので日本とさほどかわりません(´・ω・`)たぶん。今いくらくらいだ?

何気にプノンペンでは初バイクレンタルです(`・ω・´)
プノンペンは交通量多いし、何より警察の小遣い稼ぎが盛んやからちょっと不安やったけども...

なんとかぐいぐい進んでいきます。

かべとはし
途中の橋。これわたるとシェムリアップ方面へいける...はず!
壁がちょっと邪魔かなーこれはこれで乙かなー?

さー市街から離れるとだんだん交通量も減って快適爽快にドライブできます。

ぐいぐい進んでいきます。


ふと横をみると...おっ

せっかくなのでUターンして戻り...

県境
パシャリ
県境の案内板でした(*^▽^*)


無事に脱プノンペンして、さらにぐいぐい進んでいくとー

漁業
川(だと思うもしかしたら洪水中の田んぼかも...)でなにやら作業してる人発見
漁業関係やからチャム族の人たちかも~

船


さーまだまだ進んでいくよー!
40kmの距離ですけんねー

おっ

にわとり
生きた鶏をかごに詰めておそらくこれから売りにいく or 買われてと殺されるであろう鶏ちゃんたち
鶏版ドナドナ的な...
日本では見られない光景ですな~
バイク運転しながらの撮影は難しかったうえにハラハラしたぜい(`・ω・´;)


撮影の後はぶーんと抜かしていきます。

ぶーん


そして・・・


いったんはウドン方面に気づかず行き過ぎて、道端の人に聞いて戻って、なんとか無事到着!!

なんか、外国人は1ドルはらわなあかんっぽいところがあったけど、バイクの特権(?)他の車がなんやかんやしてるうちにとおりすぎてしまいました\(^o^)/


うどん!
こんな感じで山(220mくらいらしい、もはや丘レベル...)の上にあります。


こんな
上るルートは2,3個あって歩き方もお勧めしてるレディス・ステップから上ってマン・ステップから降りるルートでいきます。
通り道には物乞いの人がたくさん!結構カンボジアの人はこういう人たちにお金あげるんよねー
別に悪いことやとは言わないし、カンボジア人がカンボジア人にあげてるわけで、まぁ自国のことやからね。

ちなみに余談ですが、僕は物乞いの人には金銭その他をあげない主義です。
それは僕自信お金に余裕がないってのもあるけど、僕がお金をあげることでその人を救えるとは思えないからなのです。
本気で書くと長くなりそうやから手短に書くと、物乞いで生活できてしまうと物乞いから抜け出す必要が無くなってしまい、甘んじて物乞いとして生きてしまう、と考えるのです。ただ、仮に僕がお金をあげないことでその日食べるものが手に入らず結果餓死してしまう、、という可能性も考えるとなかなか難しいです。

日本では物乞いを見るってのはかなり少ないと思うけど、もし旅行とかで外国にいって物乞いがいたらどうするのか、ちょっと頭の片隅で考えておくのをお勧めします。


話は変わって、余談は続いて、上で寄付するために細かいのに両替しろって言われて1000リエル出したら800リエルしか帰ってこなくて「なんでやねん!」って言ったら「そういうもんや」って言われて(´・ω・`)しょぼんってなったよ。
結局ほとんど寄付しなかったのにww

まぁ余談はおいといて
レディスすてぷ

レディス・ステップ
こちらはぬるぬるの100段ちょっと。

マン・ステップは509段だそうです(*゚ー゚)>

うちわもつこども
ウドンの特徴は、うちわで扇いでくれる子供たちです。
もちろんボランティアじゃなくてその対価にお金を要求されます。
カンポットのプノン・チュヌークでもそうやったけど、ここでも子供たちが着いてきてガイドしてくれます。
小さい子どもたちはうちわ係なのかな?

僕には18歳と16歳の少年が着いてきて案内してくれました。残念ながら(幸運にも?)団扇ボーイはついてこなかったです

よくわからん
レディス・ステップ途中にあるよくわからないやつ

さるとゆかいな
のぼりきったあたりにあった像。
よく見ると黄色のは猿です。でもよくわからん...

ほkora
上ってすぐ右手にある建物。

仏
中にいる仏さん

うし
牛の神様も祀ってます



と、ここでデジカメ\(^o^)/オワタ



一番メインというかそういうのは全く取れてません(´・ω・`)

18腕尺(確か)という大きな大仏さんがいたり、何人かの王様のストゥーパ(墳墓的記念碑?)があったり
めちゃめちゃ景色が良かったり!!

ストゥーパも下から見ても「おおっ」ってなったけど、間近でみると「おおおおっっ!!!」ってなります。

景色なんかは、周り田んぼばっかやねんけど日本ではまぁ見れないだろうどこまでも続く田んぼと山の無い景色。
それと大きな川!

一番新しい2002年に建てられたらしいストゥーパの中には4000もの大小の仏像があってなんとも言えぬ厳かな雰囲気でした。
いたるところに100リエルが寄付してあったけど、僕はけちなのでたったの100リエルしか寄付しませんでした..笑

プノンペンに来たときは一見の価値あり!
90分そこらで来れるし半日もあれば見れます。
実際、10時すぎにプノンペンでて、11時30分到着、13時前には見終わってさぁ、どうしよう状態でしたw


結局、すぐ隣にある市場をちらっとみて、エビのかきあげ1000リエルとココナッツの揚げたお菓子2500リエルをお昼ゴハン代わりに食べてプノンペンに戻りました。

15時すぎくらいには戻って、ついでにキリングフィールドもいこうかと思ったけど、ガソリンないし、デジカメ電池きれてるし、何よりなぜか疲れていたので早々にバイク帰しておうちに戻りましたとさ。

古都ウドン、非常によいところでした!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ウドンwww

カンボジアでうどん食べたんかと思た(;^_^A


今日\135でガソリン入れたで!!

高いような安いような(・ω・`)

ベトナムではうどんたべたけどな!


一時期よりは安くなったけどでも高いな(´・ω・`)
プロフィール

shur9

Author:shur9
FC2ブログへようこそ!

名言

地球の名言 -名言集-

最新記事
how many comes
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。